鉛筆の濃さの順番!Fって何?F、B、2B、HBの並べ方は?

生活関連

小学生には欠かせない筆記用具、鉛筆。

今、小学生に主流の鉛筆は2Bなんですが、私が小学生の頃はHBあたりを使っていました。

実は、今の小学生って筆圧が弱いそうで、2Bくらいじゃないとしっかりとした濃さで書けないんだそうです。

そこで気になるのが、鉛筆の濃さ。

鉛筆の芯の濃さって、かなり細かく分かれているんですよね。そして使う目的によって、選ぶべき鉛筆の濃さも異なります。

この記事では、鉛筆の濃さと順番、またそれぞれの濃さに合わせた使い方などについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

鉛筆の濃さの順番は?

現在日本で使われている鉛筆は、6Bから9Hまでの17種類の濃さの鉛筆が作られています。

この鉛筆の濃さ(芯の硬さ)を定めているのが、日本工業規格(JIS)です。

鉛筆の芯の濃さを、濃い順番にしてみると・・・

【濃い】6B → 5B → 4B → 3B → 2B → B → HB → F → H → 2H → 3H → 4H → 5H → 6H → 7H → 8H → 9H【薄い】

となります。

ですから、F、B、2B、HBの並べ方としては、濃い順番に「2B→B→HB→F」という順番になります。

ただし、実際に発売されている鉛筆では、三菱鉛筆から販売されているHi-uniの10Hから10Bまでの22種類が世界最多です。これは主にデザイナー向けに販売されている鉛筆だそうですよ。

鉛筆の濃さと硬さの意味は?


鉛筆の芯は、黒鉛と粘土でできています。

この黒鉛と粘土の割合によって、芯の硬さ・濃さに違いが出てきます。

  • 黒鉛が多く粘土が少ないものは、芯が柔らかく濃い鉛筆
  • 黒鉛が少なく粘土が多いものは、芯が硬く薄い鉛筆

ということになります。

大手鉛筆メーカーの三菱鉛筆によると、HBの鉛筆の場合は、黒鉛(こくえん)7に対し、粘土(ねんど)3の割合で配合されているんだそうですよ!

鉛筆の濃さH・F・Bの意味は?

鉛筆の濃さの段階を表すのに、H・F・Bといったアルファベットが使われていますが、これって一体どんな意味なんでしょう。

実は、芯の濃さと硬さを表すものとして使われています。

H・・・HARD(ハード:かたい)
B・・・BLACK(ブラック:黒い)
F・・・FIRM(ファーム:しっかりした)

となっていて、Hの数値が多いほど硬く薄い芯になり、反対にBの数値が多いほど柔らかく濃い芯になります。

また、FはHとHBの間の硬さの芯ということで「硬さと濃さ」を併せ持った芯となっています。

鉛筆の濃さによる使い分けは?

鉛筆の濃さのFの用途は?

鉛筆の濃さの「F」は、HBより薄く、Hより濃い、ということになります。

用途としては、一般的な事務作業や、学校の授業、デッサンでも使える鉛筆です。マークシートで使う鉛筆としてもHB・F・Hといった感じで推奨されています。

「HBだと筆圧が強すぎる、でもHだと薄い」といった場合に、Fの鉛筆を使います。

小学生向けの鉛筆の濃さ

私が小学生のころには、HBが主流だったのですが、ここ最近では2Bの鉛筆が主流になっています。

これは、現在の小学生の”筆圧”が低下していることに影響しています。

学校でも「2BまたはB」と指定されていることが多いですね。わが子の学校でもそう指定されています。

小学校低学年では2B、小学校高学年になって筆圧が強くなってきたらBを使う、といった感じで使い分けています。

ちなみに、小学校で行う硬筆では4B~6Bといったより柔らかく濃い鉛筆を使うことが多いですね。

中学生向けの鉛筆の濃さ

中学生になると、シャープペンシルを使うことが多くなり、鉛筆を使う機会がグッと減ります。

もし鉛筆を使う場合は、BかHBあたりの硬さ・濃さがちょうどいいようです。(わが子談)

筆圧が強くなったのに、芯の柔らかい鉛筆(2Bなど)を使うと、間違えた時に消しゴムで消すと書いた跡が残ってしまったりします。

また、テストなどで使われるマークシートで使う鉛筆は、HB・F・H推奨されています。

デッサン(絵画)用の鉛筆

絵を描くときには、3B~6Bの鉛筆を使うのが一般的です。

柔らかい芯の鉛筆を使うことで、線が堅くならないようにします。

描く絵の種類によっても、タッチや雰囲気と異なります。色々と試してみて自分の好みの柔らかさの鉛筆を見つけ出すといいですね。

製図用の鉛筆

デッサン用とは反対に、硬い芯の鉛筆が使われるのが製図を作る時です。

2H~6Hの鉛筆は一般の製図用に、精密製図用になると7H~8Hといったより硬い芯の鉛筆が使われます。

10Hの鉛筆の用途は?

10Hの鉛筆は、鉱石採集のときに岩石に記入するときに使います。実際の書き心地は、まさに削っている感じだそうです。

一般の文房具としてはとても使えるものではなく、紙に書いても薄すぎて読めません。写真にも写らないほど薄い、という話もあります。

10Hの鉛筆を使う人は、鉱石の発掘といった仕事をしている人や美術関連の仕事をしている人などです。

普通では使いませんね!

10Bの鉛筆の使い道は?

10Bの鉛筆は、埼玉県が教育のために三菱鉛筆に作ってもらったのが最初といわれています。

10Hに比べると、一般でも使う方は使っています。

芯がしなやかで、書きやすく、字もはっきりと見えるのが特徴で、トールペイントなどの下書きに使ったりする方もいます。

埼玉県限定で、筆のような書き味を鉛筆で体感ができ、筆のトメ・ハネ・ハライの表現も可能な「筆鉛筆」という商品もあるくらいです。

鉛筆の芯とシャープペンの芯の違いは?

鉛筆の芯とシャープペンの芯の違いも気になるところですよね。

上でも説明した通りに、鉛筆は黒鉛と粘土で作られています。

シャーペンの芯には粘土が使われておらず、代わりにプラスチックが使用されています。

鉛筆の芯に比べてよく練り合わせて作られているため、粘土を使う鉛筆の芯よりも”硬くて強い芯”が出来上がります。

だから、シャーペンの芯はあんなに細くても折れにくいんですね!

まとめ

鉛筆の濃さの順番についてご紹介しました。

【濃い】6B → 5B → 4B → 3B → 2B → B → HB → F → H → 2H → 3H → 4H → 5H → 6H → 7H → 8H → 9H【薄い】

が鉛筆の濃さの順番です。

そして、HはHARD(ハード:かたい)、BはBLACK(ブラック:黒い)、FはFIRM(ファーム:しっかりした)のそれぞれの頭文字を取ったもので表されています。

普段は、2B・B・HB・HBくらいの鉛筆しか目にしませんが、専門的に作られた鉛筆などもあって、鉛筆の奥の深さに驚きました!

東急ハンズなどでの取り扱いもあるようですので、買い物に行った際にはぜひ手に取ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました