鏡餅を飾る場所は?玄関や台所でもいい?トイレに飾ってもいいの?

年中行事

鏡餅ってどこに飾っていますか?

昔でしたらどの家庭にも床の間があったり、神棚があってそこに飾るのが基本でしたが、、、今どきの家庭にはないことが多いので、どこに飾ればいいのか考えてしまいますよね。。。

そこで今日は、床の間や神棚が無い家ではどこに鏡餅を飾ればいいのか、置く場所や置き方などを紹介していきます!

スポンサーリンク

鏡餅を飾る場所はどこ?

玄関

まず多いのが、玄関です。

玄関って、下駄箱の上に飾るスペースなどがあるので、そこであれば飾りやすいですよね♪また、玄関でしたら、家族全員が通るスペースなので目に触れやすいということもあります。

他にも、

  • 玄関から神様が入ってくると言われているため
  • スペースが十分に取りやすい
  • 寒いので、お餅がかびにくそう

といった理由で玄関に鏡餅を飾っている方もいるようです。

昔は神様がお正月になると、玄関前に置かれる門松を目印にして降りて来ると言われてきました。

玄関に、門松や鏡餅を飾ることは「お正月の準備ができたよ」と神様に伝える方法なんです。

台所・キッチン

台所やキッチンに置くケースも多いです。

スペースの問題で、台所のレンジの上やカウンターの上などに置くことが多いようです。

より高いところに置くほうがいいということから、冷蔵庫の上や食器棚の上のほうに置く場合も^^

昔から火の神様はかまどや囲炉裏に宿ると言われており、台所には火の神様がいます。

暖かさや料理に欠かせない火でもあり、火事といった災いを引き起こすこともある火ですから、しっかりと祀るという考えから、台所に鏡餅を置くようになりました。

トイレ

鏡餅をトイレに?!と思う方もいるかもしれませんが、実はトイレにも神様がいます。

主に、安産や子育てに関わる神様で大事に扱われてきました。お正月にはトイレ(当時の厠)をきれいにして、子供の健康祈願をしたともいわれています。

小さな鏡餅を置く家庭もありますが、食べ物をトイレに置くのに抵抗がある場合はプラスチックでできた作り物の鏡餅などを置くのもいいですね^^

▽珪藻土でできた鏡餅

▽トイレならこんな置物もかわいらしくていいですよね

寝室

昔は寝室(納戸)が、夫婦の寝室以外に、着物やお米を保管しておく場所でもありました。

納戸にも部屋を守る神様がいますから、納戸がある場合には納戸に、なければ寝室に鏡餅を飾ります。

水回り

火と同じように、水も大事なものです。

当然、水の神様もいるので水回りに鏡餅を飾ってもOKです。

鏡餅を飾る場所の基本


「年神様を迎えておもてなしをし、そしてお見送りをする」これが本来のお正月の意味です。

鏡餅は、年神様の拠り所とされていて、神様の魂が宿るとされているんです。この魂の宿った鏡餅を鏡開きの日に食べることで、一年の無病息災を願います。

そして、年神様は鏡餅を置いた場所に依りつくとされているため、一カ所だけではなく複数の場所にお供えしても大丈夫なんです。

鏡餅を飾る基本としては、

  • メインの大きな鏡餅は、床の間へ
  • 小さいものを神棚や仏壇に
  • お供えする方向は、その年の恵方か南、東

ですが、床の間がない場合にはリビングといった家族みんなが集まる場所に飾るようにします。

ただし、テレビの周りに置いたり、人の背丈よりも低いところに置かないようにします。

これは神様を見下すような行為になってしまうということです。

大きな鏡餅を床の間もしくは家族の集まる場所に置き、その他は小さな鏡餅でもいいので、年神様に来てもらいたい場所(台所、寝室、子供部屋、玄関など)に置くようにします。

まとめ

鏡餅の置き場所について、考えたことはありましたか?大事な場所に置く、これが基本ですね^^

また2020年の恵方は西南西です。

家の中からみて、西南西の場所に鏡餅を置けるスペースがありましたら、ぜひお供えしてください。

鏡餅をお供えするのも、お正月の伝統行事の1つです。最近では、スーパーで購入してきたものをそのまま飾ることが多くずいぶんと簡素化されていますが、本来の方法で飾ってみてもいいですね。

鏡餅の飾り方!ゆずり葉や裏白の置き方や正月に飾る意味は?
鏡餅の飾り方でゆずり葉や裏白(ウラジロ)の意味ってご存じですか?この記事では、鏡餅に飾るゆずり葉と裏白について、飾り方や飾る意味、葉の向きや枚数などの置き方をご紹介していきます。
鏡餅のするめと昆布の飾り方!飾る意味や地域は?
お正月に準備するものの1つとして、鏡餅がありますね。 鏡餅の飾り方は、地域ごとの風習などもあり様々です。その中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました