カニカマで筋肉を作る!ダイエットにも効果的な栄養がたっぷり!

生活関連

スーパーでよく見かけるカニカマ。実は筋肉を作る最強食材だということをご存じでしたか?

カニカマはわが家でも常備していて、サラダに入れたり冷やし中華に使ったり、そのままパクっと食べたりもします。

ただ、「カニかま」のイメージは栄養がなさそう・カニの偽物・赤い着色料が体に悪そうなどが一般的。カニカマに筋肉を作る力があるとは、ちょっと信じられないですよね^^;

そこで今日は、なぜカニカマが筋肉を作る最強食材なのか?カニカマの注目すべき栄養素や効能・効果、そしてカニカマを使ったレシピなどをお伝えしていきたいと思います!!

ダイエットにも効果的だというので、必見ですよ!

スポンサーリンク

カニカマが筋肉を作る!カニカマの栄養は?

カニカマって言うけど、カニは一切含まれていません。

カニカマの主原料はスケトウダラのすり身で作られている「カニ風味かまぼこ」です。

【カニカマの栄養】

  • カロリー(1本7.5gあたり):7.3cal
  • たんぱく質:0.74g
  • 脂質:0.1g
  • 炭水化物:0.86g
  • カリウム:32.3㎎
  • カルシウム:39.8㎎
  • 食塩相当量:0.1g

原材料が魚であるカニカマは、スケトウダラをすり身にする過程では、骨や皮といった余分な部分は取り除かれます。さらに、スケトウダラを水にさらす工程では脂肪分も抜けるため、カニカマにはほとんど脂肪分が含まれていないのも大きなポイントです。

さらに、そのすり身にタンパク質が豊富に含まれる卵白(冷凍)を加えてカニカマの生地が作られます。

一言でいうと、カニカマはタンパク質が豊富で、糖質や脂質が少ない食材です^^

確かにカニカマは良さそう!ということがわかりましたが、、、

でもタンパク質を摂るならば、鶏のささみや牛の赤身肉などのほうが良さそうな気がしますが、そのあたりはどうなのでしょう?

筋肉を作るのに必要な主な栄養素「たんぱく質」はカニカマ1本で0.74g、100gあたり約9gということになります。

他の代表的なたんぱく質の含有量(100gあたり)は以下の通りです。

  • 鶏のささ身(19g)
  • 牛赤身肉(20g)
  • 魚肉ソーセージ(11.5g)
  • ゆで卵(12.9g)
  • 納豆(16.5g)
  • 豆腐(6.6g)
  • プロセスチーズ(22.7g)
  • ヨーグルト(4.3g)
  • 牛乳(3.3g)

カニカマに含まれるたんぱく質量は、ゆで卵と変わりないです。
大豆で作られている豆腐や、乳製品のヨーグルトや牛乳に比べると100gあたりのたんぱく質量はカニカマのほうが高いことがわかりますね。

ただ、やっぱり鶏のささみや牛赤身肉と比べるとカニカマのたんぱく質量は少ない?と感じます。

カニカマが筋肉を作る最強食材だという理由

カニカマが筋肉を作る最強食材だという理由は、

  • 魚のすり身と卵白でタンパク質が豊富
  • 調理しなくてもすぐ食べられる

カニカマがタンパク質が豊富な食材であるということは、すでに理解していただけていますよね。

もう1つ最強食材であると言えるポイントは調理なしでもすぐに食べることができる、ということ。

筋肉をつけるためには、たんぱく質を食べるだけではダメです。運動をして、たんぱく質を摂ることで筋肉が作られます。

ただ、筋肉をつけるためには運動をしてから30分以内にタンパク質を摂取するのが効果的なんです。運動して30分以内に鶏肉や牛肉を調理するのは難しいですよね^^;

そこで手軽にタンパク質を摂れるのが「カニカマ」というわけです!

消化が良い

カニカマは、カニの食感に似せるために極限まで裏ごしして繊維状にしています。繊維状にすることで表面積が増え、消化が良くなります。

デンプンで筋肉を作るパワーがアップ!

カニカマには、でんぷんが含まれています。タンパク質だけでも十分に筋肉を作ることができますが、そこに糖質であるでんぷんが加わることで筋肉を作るエネルギー源になり、筋肉を作るパワーがアップします。

ダイエットにもいい!

カニカマに使われるスケトウダラは、水にさらされることで脂肪が取り除かれています。

なので、カニカマは「無脂肪、高たんぱく質、低カロリー」というダイエットにももってこいの食材なんです。

おやつ代わりにカニカマ、おススメです。

筋肉を作るカニカマ、1日の摂取量は?

大きいサイズのカニカマには、たんぱく質が約10g、糖質は約10g。

1日に摂取したい目安は、大きいカニカマなら1本、小さいサイズなら5~6本。

▽このサイズなら1日5~6本

カニカマの赤は天然の着色料で安心!

カニカマの赤は、体に悪そうというイメージの方が多いようですが、、、実はトマトとパプリカの色素を混ぜて作った色。

だから本当はとっても安全なんです^^

筋肉に!カニカマを使ったレシピ

無限カニカマ

【材料(2人前)】
カニカマ 70g
キャベツ 120g
ツナ 40g
①マヨネーズ 大さじ2
①めんつゆ(2倍濃縮) 小さじ1
①砂糖 小さじ1/2
①ごま油 小さじ1
①白ごま 5g
①塩こしょう 適量

【作り方】

  1. キャベツを5mm幅に切ります。
  2. カニカマの身をほぐします。
  3. ボールに1と2、ツナを加えます。
  4. ①を入れて、均等に混ぜ合わせたら完成です。 お好みで白ごまをふりかけてお召し上がりください。

レシピ元:クラシル

まとめ

カニカマが筋肉を作る最強食材だということがわかりました!

  • カニカマはタンパク質が豊富で、糖質や脂質が少ない食材
  • 筋肉をつけるためには運動をしてから30分以内にタンパク質を摂取するのが効果的
  • カニカマならそのまま手軽に食べられる
  • 1日の摂取量は、大きいカニカマなら1本、小さいサイズなら5~6本

ということです。

特に高齢者が筋力低下を防ぐためにカニカマを食べるのがいいということでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました