きくらげで免疫力アップ!アレルギーやガン予防にも効果がある栄養素は?

2020年3月12日放送の「主治医が見つかる診療所」では、免疫力アップに効果的な食材としてきくらげが紹介されます。

きくらげは、食物繊維が豊富で便秘解消やダイエットにも効果があると言われています。

中でも最近医師たちが大注目している栄養素がビタミンD。免疫力のアップのほか、アレルギーやガン予防にも効果が期待できるといわれています。

今回は、このビタミンDを豊富に含む食材きくらげに注目し、きくらげの栄養素を効果的に取り込む方法などもご紹介していきます!

スポンサーリンク

きくらげで免疫力がアップする理由はビタミンD!

きくらげに含まれる栄養素は?

きくらげは、くらげとついていますが、コリコリとした食感が特徴的なきのこの仲間です。

きのこなので、食物繊維がたっぷり!というイメージがあるかもしれませんが、それ以外にも様々な栄養素が含まれています。

きくらげの代表的な栄養はというと・・・

●食物繊維…不溶性73.1g、水溶性6.3g
●ビタミンD…128.5μg
●ビタミンB2…0.44mg
●カルシウム…82mg
●マグネシウム…110mg
●鉄分…10.4mg
●カリウム…630mg
●亜鉛…0.8mg
●エネルギー…171kcal

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」参考、乾燥きくらげ100gの値

など。

中でも今注目すべき栄養素は、ビタミンDです。

ビタミンD

きくらげに含まれるビタミンDの量は、なんと全食品の中で1位の含有量です。

これまでビタミンDは、カルシウムの吸収や骨を作るのにとても大事な栄養成分として知られてきました。

カルシウムは、食品から摂ろうとしてもほとんど体外へ流れ出てしまいます。そのカルシウムの吸収を助ける役割をするのがビタミンDです。

血液中に流れているカルシウムを骨へ運び、骨にカルシウムをくっつけやすくするのもビタミンDの効果です。

さらに!

ここ最近の研究で、ビタミンDが細胞内に入り込んでDNAに働きかけることで、体内に侵入したウイルスや細菌に対して免疫機能を活性化させることがわかってきています。

この免疫機能の活性化により、アレルギーの予防やがん細胞の増殖を抑えるなどといった効果が期待できることも分かってきました。

ビタミンDって、日光を浴びることでも体内で作られる栄養素なんですよね。

でも、最近では冬の日照不足や紫外線の影響によって日光に当たる時間が少なくなり、ビタミンD不足になりがちです。

そこできくらげといったビタミンDを多く含む食材から取り入れるなどといった工夫が必要なんですね^^

より多くのビタミンDを摂取する方法

生のきくらげでもビタミンDを摂取することができますが、もっと多くのビタミンDを摂取する方法があります。

それは、乾燥きくらげです!

乾燥キクラゲに含まれるビタミンDの量は、100gあたり435.0μg。

ビタミンDが多いとされている食品はこちら。

  • カツオ 120.0μg
  • アンコウ 110.0μg
  • 干しシイタケ 16.8μg
  • 豚レバー 1.3μg

こうして比較してみても、乾燥キクラゲは断トツビタミンDの量が多いですね!

また、1日に必要なビタミンDの量はこちら

  • 女性:5μg
  • 妊娠時と授乳時にはそれぞれ+2.5μg必要になります

  • 男性:5μg

ビタミンDは日光に当たることで皮膚が作り出すことができる栄養素ではありますが、近年の紫外線対策などでビタミンD不足だと言われています。

きくらげパウダー

さらにおすすめなのが、乾燥きくらげを細かく砕いて粉状にしたきくらげパウダー。

きくらげパウダーを使えばなら、炒め物やスープにきくらげパウダーを混ぜ込むだけで手軽にきくらげの栄養を取り入れることができます。乾燥きくらげのように水戻しをする必要もありません。

栄養を逃がさない!乾燥きくらげの戻し方

普通、乾燥キクラゲを戻すのに、お湯で戻すというのが一般的です。

しかし、熱湯で乾燥きくらげを戻すと、うま味成分や大事な栄養が出て行ってしまいます。

そこで、栄養を逃がさない正しい乾燥きくらげの戻し方、をご紹介します。

  1. ボウルに冷水を入れる
  2. 乾燥キクラゲを入れて、6時間ほどかけて戻す

たったこれだけ!

時間かかるなー、と思ったら、夜にきくらげを冷水に漬けておけば、翌朝には使えます。

また、水に戻したきくらげは、冷凍保存が可能です。1ヶ月ほど保存できるのでたくさん戻して、毎日の食事にちょこちょこ取り入れましょう!

きくらげのビタミンDを摂取するおススメ方法

きくらげ茶

きくらげの戻し汁にも、たっぷり栄養が含まれています。

ビタミンB群が豊富で、美肌効果が期待できるので、特に女性は積極的に飲みたいですよねー!

きくらげ食べてダイエット、きくらげの戻し汁でお肌もピチピチです♪

【材料】

  • きくらげの戻し汁
  • はちみつ
  • レモン

【作り方】

  1. きくらげの戻し汁を香りが立つまで温める。
  2. はちみつとレモンを加える

きくらげの戻し汁でなくても、きくらげパウダーをお湯に解けば簡単にきくらげ茶ができあがります。

きくらげを使った免疫力アップレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました