きくらげと納豆で免疫力アップ!風邪予防にも効果あり?!

テレビ番組

2020年3月12日放送の「主治医が見つかる診療所」では、免疫力アップに効果的な食材としてきくらげが紹介されます。

コロナウイルスの流行で、自分を守るためにも免疫力アップを心掛けたいですよね!

今、免疫力アップに注目されている食材がきくらげです。

しかも納豆と組み合わせることで、その効果がさらにアップするというのも驚きです。

今日は、きくらげの栄養効果についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

きくらげで免疫力がアップする理由

●食物繊維…不溶性73.1g、水溶性6.3g
●ビタミンD…128.5μg
●ビタミンB2…0.44mg
●カルシウム…82mg
●マグネシウム…110mg
●鉄分…10.4mg
●カリウム…630mg
●亜鉛…0.8mg
●エネルギー…171kcal

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」参考、乾燥きくらげ100gの値

きくらげには様々な栄養素が含まれていますが、中でも注目すべき栄養素がビタミンDです。

きくらげに含まれるビタミンDの量は、なんと全食品の中でもトップクラスの含有量

ビタミンDはこれまで、カルシウムの吸収や骨を作るのにとても大事な栄養成分として知られてきましたが、ここ最近の研究では、ビタミンDが細胞内に入り込んでDNAに働きかけることで、体内に侵入したウイルスや細菌に対して免疫機能を活性化させることがわかってきています。

さらに、きのこの一種であるきくらげには高分子多糖体であるβ-グルカンも多く含まれています。

このβ-グルカンにも、体内の免疫機能を活性化させる効果があるため、β‒グルカンとビタミンDの相互効果による免疫力アップが期待できるとされています!

乾燥きくらげでより多くの栄養素を摂取できる!

生のきくらげでもビタミンDを十分に摂取することができますが、乾燥きくらげにするとさらにビタミンDの量がアップ。

生のきくらげに含まれるビタミンDの量は、100gあたりに128.5μgなのに対して、乾燥キクラゲに含まれるビタミンDの量は、100gあたり435.0μg。

さらにビタミンDが多いとされている食品と比較してみても

  • カツオ 120.0μg
  • アンコウ 110.0μg
  • 干しシイタケ 16.8μg
  • 豚レバー 1.3μg

乾燥キクラゲはには断トツビタミンDの量が多いのがわかりますよね^^

生キクラゲと乾燥キクラゲの違いは?

キクラゲって、生のものと乾燥させたものとありますよね。

手軽に使いたいならば、「生キクラゲ」。
まとめ買いして好きな時に使うなら「乾燥キクラゲ」。

といった感じでしょうか。

生キクラゲは、収穫してすぐに出荷されます。
生の状態で鮮度が良くないとならないので、国産のものが流通しています。

一方、乾燥キクラゲは主に中国産です。
乾燥させているので日持ちがすることと、いつでも好きな時に使えるのがメリットですね!

ビタミンDは日光に当たることで皮膚が作り出すことができる栄養素ではありますが、近年の紫外線対策などでビタミンD不足だと言われています。

足りないビタミンDをきくらげで補うのはとても簡単な方法ですよね。

きくらげと納豆でさらに免疫力アップの効果!

免疫力アップに効果が期待されるきくらげ。

きくらげに含まれるビタミンDは、熱にも強く水にも溶けにくいため、様々な調理方法ができる食材なんです。

そんなきくらげの栄養効果を効果的に摂取するには、他の食材と組み合わせるのもGOOD!

どんな食材と組み合わせるといいのか、、、というとspan class=”bold-red”>納豆と一緒に食べるといいんです!

納豆に含まれるナットウキナーゼと呼ばれる酵素は、免疫細胞を活性化させる効果があるといわれています。また、血栓を溶かす働きがあるので、血液をサラサラにして脳梗塞や心筋梗塞などの予防効果も期待!

この2つの食材を組み合わせることで、お互いの栄養素を高めることができ、体内の免疫力をアップさせることができます。

きくらげと納豆を使った免疫力アップレシピ

納豆ネバネバ❤きくらげと卵の中華炒め

【材料】
卵2個
納豆1パック
きくらげ好きなだけ
葱好きなだけ(3分の1本分ぐらいかな)
★顆粒中華だし小さじ2分の1~1杯(味見して加減してください)
★にんにく摩り下ろしチューブで2cm程
ごま油大匙2
ラー油、炒りゴマお好みで

【作り方】

  1. きくらげを戻して、食べやすいサイズに切る(少量の砂糖を溶かしたお湯で戻すと時短になるよ)。葱は小口切り。
  2. ボールに卵を割り入れ溶きほぐし、きくらげ、葱、★、納豆、付属のたれ・からしも加えて混ぜる。味見をして中華だしの量を調節。
  3. フライパンにごま油を入れて、火にかける。よ~く油が温まってから、2を一度きに投入する。
  4. 10秒ぐらい混ぜずに放置して、ふちの方が盛り上がって火が入りだしたら大きくお玉でざっと混ぜ、卵が半熟のうちにお皿に移す。
  5. お好みでラー油、ゴマを振りかけて召し上がれ~。ご飯の上に乗せて丼にしてもいいかも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました