【マツコの知らない世界】ほうじ茶スイーツのお店はどこ?まとめ!

テレビ番組

2019年11月19日(火)のマツコの知らない世界は、日本茶バリスタの倉橋佳彦さんが紹介する”ほうじ茶スイーツの世界”です。

私は個人的に抹茶スイーツはあまり得意でないのですが、ほうじ茶スイーツは大好きなんです♪何だかホッとしますよね。

コンビニでもほうじ茶ラテのタピオカ入りとか、ほうじ茶スイーツを見かけますよね。

今日は、マツコの知らない世界で倉橋佳彦さんがご紹介されていたほうじ茶スイーツやお店についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

マツコの知らない世界で紹介されたほうじ茶スイーツとお店

ほうじ茶ソフト【森乃園】

東京人形町にある自家焙煎ほうじ茶の店森乃園のほうじ茶ソフト。

ほうじ茶専門店で作っているほうじ茶ソフトですから、うん、間違いないですよね♪

2階に甘味処がありますが、ほうじ茶ソフトは1階店舗で販売しています。

他にも、ほうじ茶カステラやほうじ茶羊羹、ほうじ茶どら焼きなどのほうじ茶スイーツも販売されています。

自家焙煎ほうじ茶と甘味処の店 日本橋人形町森乃園
東京日本橋人形町にある、大正三年創業の自家焙煎ほうじ茶専門店です。 森乃園では、緑茶葉を焙煎したほうじ茶をはじめ、ノンカフェイン原料のほうじ茶など、こだわりのほうじ茶を多数ご用意しております。

ほうじ茶ジェラート【TIGRAT】

東京四ツ谷駅の近くにあるTIGRAT(ティグラート)で食べられるのがほうじ茶ジェラート。

こちらは、なんとバーテンダーが作るジェラート&カクテル&コーヒーのお店。

TIGRAT(ティグラート)には、ほうじ茶ジェラート以外にも常時12種類~20種類のジェラートがそろっていて、ジェラートはすべて店舗の奥の工房で手作り。

バーですが、コーヒーもカクテルも、そして軽食も楽しめるので子供連れでも、高齢の方でも立ち寄りやすいお店です。

ほうじ茶かき氷(しもきた茶苑大山)

東京下北沢にある日本茶専門店の「しもきた茶苑大山」でほうじ茶かき氷を食べることができます。

実は、こちらのしもきた茶苑さんには、日本で13人しかいないとされる”茶師10段”がお二人もいる日本茶専門店。

1階はお茶屋さんで、2階が喫茶になっており1年中甘味を楽しむことができるようになっています。

NHKのあさイチでも紹介されていたんですね。

焙じ茶どら焼(近江茶 丸吉)

ほうじ茶どらやきが楽しめるのは、滋賀県甲賀市にあるほうじ茶専門店「近江茶 丸吉」。

生地にほうじ茶を練りこみ、ほうじ茶の素朴な味わいを感じることができます。

2019年4月にリニューアルオープンした店内では、

滋賀県甲賀市にある焙じ茶専門店「近江茶 丸吉」の焙じ茶どら焼き。ほうじ茶の香りと味が楽しめるように皮と生地の両方にほうじ茶が練りこんで、素朴な味わいです。

名物 焙じ茶パフェ「焙楽」をはじめ、ほうじ茶チーズケーキ、ほうじ茶パンケーキなど和洋にとらわれない新しいスイーツを楽しみことができます

ほうじ茶バウムクーヘン(中村藤吉本店)

安政元年創業の歴史ある老舗のお茶専門店、京都中村藤吉本店のほうじ茶バウムクーヘンです。

京都ではとても有名なお店で、連日観光客でにぎわっています。ほうじ茶バウムクーヘンのほかにも、並んででも食べたいお茶スイーツがたくさん。一度訪れてみたいお店です。

ほうじ茶ロールケーキ(千紀園)

ほうじ茶ロールケーキは、滋賀県草津市にある江戸時代末期創業のお茶屋「千紀園」で購入することができます。

そして、なんと。
楽天やAmazonといった通販でも購入が可能ですよ^^

ほうじ茶モンブラン(カネ十農園)

東京表参道にあるカネ十農園の焙じ茶モンブラン。

モンブランの中にほうじ茶のプリン?そして、クリームチーズと栗のクリーム。なかなか濃厚そうですね。

まとめ

マツコの知らない世界で紹介されるほうじ茶スイーツのお店についてまとめました。

私もほうじ茶スイーツが好きなんですが、抹茶スイーツとは全く違う素朴な味わい、ホッとするんですよね~(*^-^*)

みなさんは、どのほうじ茶スイーツが気になりましたか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました