長芋ジュースの作り方!便秘解消の効果とより効果的な食べ方を紹介

2020年1月15日のNHK『ガッテン!』で放送された長芋モジュースの作り方です。

便秘改善効果が期待できる話題の成分「レジスタントスターチ」を豊富に含む長芋を使って、腸内細菌を元気にし、体の内側から健康にしてくれるジュースです。

この記事では、長芋ジュースの作り方と、より効果的な長芋の食べ方についてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

長芋ジュースの作り方【ガッテン流】

【材料】
長芋(皮つきが〇) 100g
牛乳 100g
バナナ(りんごやパイナップルなどでもGOOD) 100g

【作り方】

  1. 長芋を皮ごと適当な大きさに切る。
  2. バナナは皮をむいて適当な大きさに切る。
  3. 長芋、バナナ、牛乳をミキサーに入れてよく混ぜれば出来上がり

時間が経つと変色したり味が落ちるので、出来立てをゴクっといってくださいね!

長芋ジュースの味は?

長芋ジュースなんて「ええっ?!」という感じですが、ほぼバナナシェークのような感じだそうです。バナナの代りにりんごやパイナップルといった甘みが強めのフルーツを代用しても可!

毎日味を変えることができるので、続けやすいと思います。

また、牛乳をヨーグルトに変えるのもOK!

長芋の便秘解消効果について

長芋には、水溶性食物繊維やカリウムなどが含まれていますが、今回注目されたのはレジスタントスターチという難消化性デンプンです。

レジスタントスターチは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のそれぞれの特徴を持っていて、

  • 便の量を増やす
  • 便を柔らかくする
  • 腸内細菌のエサにある
  • 血糖値を下げる

といった効果が期待できます。

長芋にはこのレジスタントスターチがたっぷりと含まれていて、便秘解消にもってこいの食材。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維はそれぞれ働きが異なるため、便秘解消のためにはこの2種類の食物繊維をバランスよく摂ることが大事とされています。

これってなかなか難しいのですが、レジスタントスターチだったら両方の食物繊維の働きをしてくれますよね。

レジスタントスターチは加熱すると量が減ってしまいます

生で食べることができる長芋は、レジスタントスターチを効果的に摂ることができるんですね♪

※生食のほうが茹でた時よりも約7倍のレジスタントスターチを摂取することができます。

長芋で便秘解消!検証結果

今回、ガッテンの中では実際に長年便秘に悩んでいる方12名を対象に、毎日100gの長芋を1週間摂取しました。

その結果、12人中8名の方が排便の回数が増えた、便の状態が良くなったという検証結果が紹介されました。

ということで・・・

レジスタントスターチを効率よく摂取できる長芋が今、天然の便秘薬として注目されているのです!

レジスタントスターチを含む食材には消化されやすいでんぷんも含まれているため食べ過ぎは注意!長芋の場合1日に小鉢1杯分(およそ100g)が目安です。

まとめ

レジスタントスターチには便秘解消効果以外にも、食後の血糖値上昇を緩やかにするのでダイエットにも効果的です。また便秘解消され腸内細菌が元気になることで、コレステロールを減らす効果も期待できます。

レジスタントスターチといえば、米や豆類などいろいろな食材に含まれています。冷たいごはんに多く含まれていることがわかり、冷やしご飯ダイエットなどもありましたね^^

私も意識して冷やしご飯を食べたりもしていましたが、やっぱり温かいご飯も食べたいですし(笑)

便秘気味でもあるので長芋ジュースも取り入れながらやっていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました