落花生の薄皮に美肌やむくみ解消の効果!1日の量や正しい食べ方は?

生活関連

落花生を食べる時に、薄皮ってどうしてますか?

私は割と一緒にパクっと食べちゃうんですが、渋い感じがして食べない方もいるようですよね。

でも!!

落花生の薄皮には、女性に嬉しい「美肌」「むくみ解消」など、すっごい効果があるんですよ~。落花生の薄皮を食べないなんて、損です!

今日は、落花生の薄皮が美肌やむくみ解消に効果がある理由や、1日に落花生を食べる量や正しい食べ方などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

落花生の薄皮で美肌やむくみ解消の効果!

落花生にはたくさんのミネラルが含まれています。

ミネラルは、体の働きの維持や体の調子を整えて抵抗力を高める栄養素。

三大栄養素と言われる、「炭水化物・タンパク質・脂質」に加え、「ビタミン・ミネラル」を合わせて五大栄養素となり、人間にとって非常に大事な栄養素です。

それなのに、ミネラルは人間に必要な栄養素でありながら体内で作り出すことができないんです。

ですから、毎日の食事やサプリメントで積極的に取り入れていく必要があります。

ちなみに、ミネラルと言われる中にはカリウムやマグネシウム、鉄などが含まれています。

このミネラルが不足してしまうと代謝が滞ってしまい、全身の機能が低下してしまう恐れがあります。

ミネラル不足から、血管障害、肌荒れ、肥満、といった数々の体の不調が現れることもあります。

落花生に含まれるミネラルって?

落花生にはこのカリウムやマグネシウム、鉄といったミネラルがバランスよく含まれています。

そしてミネラルを効率的に体内に取り入れるために、ビタミンも一緒に摂取するといいのですが、落花生にはビタミンも含まれているんですね^^

ですから、落花生を食べるだけでミネラルとビタミンを一緒に摂ることができんです。

落花生に含まれるポリフェノールで血管の若返り効果

落花生には、レスベラトロールというポリフェノールが含まれています。

そして、この成分が多く含まれているのが、落花生の皮の部分なんです。

この成分には、血管をしなやかにして若々しくしてくれたり、血液をサラサラにして生活習慣病予防を防ぐ働きがあります。

実際にハーバード大学で行われた研究では、落花生を毎日食べ続けると生活習慣病での死亡リスクが20%減少するといった報告例もあります。

そして、注目すべきは強い抗酸化作用

レスベラトロールのほかにも、抗酸化作用のあるビタミンEも落花生には多く含まれているんです。

この強い抗酸化作用によって、美肌効果だけでなく、便秘解消、認知症予防、動脈硬化の予防などの効果が期待できます。

落花生を食べる時の注意点

落花生には、良質な栄養がたっぷりと含まれています。適度に摂取すれば、肥満防止やダイエット効果も期待できるのですが、実は高カロリーな食べ物でもあるんです。

ピーナッツのカロリーは、30粒でおにぎり約1個分。

食べすぎてしまい、かえって太ってしまったり、脂肪分が多いので胃腸への負担、肌荒れの原因になることもあります。

良質なタンパク質・ビタミンなど豊富な栄養素を多く含み、また、脂質についても中性脂肪や悪玉コレストロールを抑制する不飽和脂肪酸の性質を持つため、肥満防止・ダイエット効果に期待できますが、一方で高カロリーな食材の一面もあります。

1日の摂取量の目安

落花生は、皮ごと食べるようにします。1日に摂取するのは、素焼きの落花生1日20gまで。

おつまみなどで味がついた落花生は、塩分や脂質が多いので選ばないようにします。

落花生を食べるタイミング

1日のうちで体が参加のピークを迎える時間があります。

それが、お昼の12時、正午です。

ピークを迎える前の午前中、朝1番に落花生をひとつまみ食べれば抗酸化物質が体内に取り込まれるので、体を酸化から守ることができます^^

アレルギーにも注意

落花生は、アレルギー反応を起こす可能性のある食品で、食品表示基準によって決められた特定原材料7品目のうちの1つです。

1度に多く食べたり、子供が食べたりするときには注意しましょう。

生落花生の茹で方

まとめ

この記事では、落花生を皮ごと食べる効果についてご紹介しました。

落花生って、殻を割ってパクっと食べることができる手軽な食べ物ですよね。

調理の必要もなく、ただ皮ごと食べればいいだけです。

カロリーが高いといっても、小腹が空いたときにお菓子などおたべるなら、落花生を口にするほうが体にはいいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました