桜餅の葉っぱの名前や種類は何?食べるか食べないかどっちが正解?

年中行事

春の風物詩の1つでもある桜餅

ピンク色でかわいらしく、和菓子屋さんに桜餅が並ぶと春を感じますよね。

さて、桜餅と言えば葉っぱで包まれていますが、、、あの葉っぱの名前や葉っぱの種類をご存じですか?

桜餅に使っているから、桜の葉っぱかな?とは思っていましたが、正確なこと実は知らないってほうが多いのではないでしょうか。

そして桜餅を食べる時にいつもふと思う・・・この葉っぱは食べるべきなのか、食べないべきなのか、、、悩みますよね(笑)

そこでこの記事では、桜餅を包んでいる葉っぱの名前や種類、そして桜餅の葉っぱは食べるのか食べないのかについてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

桜餅の葉っぱの名前と種類は何?


桜餅に使われている葉っぱは、オオシマザクラという桜の葉っぱです。

一般的に桜と言えばソメイヨシノが有名ですが、桜餅が生まれたのは江戸時代、この時代にはソメイヨシノは存在していません。

当時は隅田川周辺に多く植えられていたヤマザクラの葉が桜餅に利用されていました。

その後、オオシマザクラの葉っぱが使われるようになったのですが、

その理由として

  • オオシマザクラの葉が大きい
  • 花や葉に含まれる「クマリン」という芳香物質が多い
  • 葉が柔らかい
  • 葉が無毛

などがあります。

ちなみに、このオオシマザクラの塩漬けの販売シェア70%を占めているのは、静岡県の松崎町です。この松崎町は、温暖で雪が降らず風も穏やか。この気候のおかげで桜の葉も傷つかないため、生産効率がいいんですね。

そしてこの地域で栽培されたオオシマザクラの葉は香りが特にいい。これは海の近くで潮風にも関係があるのかも。

桜餅の葉っぱは食べる?食べない?

桜餅の葉っぱを食べる派と食べない派、実は意見は真っ二つ。

食べる人もいれば、食べない人もいる、その人次第なんてところも。

ですが、全国和菓子協会の意見としては「食べないことを推奨」しているということ。

また、桜餅で有名な「長命寺の桜餅」も同様で、桜の葉っぱははずして食べることを勧めています。

これは、桜の葉っぱを外したほうが、本来のお菓子の味を感じられる、より桜餅の風味を感じるため、なんだそう。

でも桜餅の葉っぱを食べたからといってマナーとして問題があるわけではないので、食べたければ食べてOKということです(笑)

あの塩漬けされた葉と、桜餅のあんこなどの甘みが絶妙にマッチしておいしいですもんねぇ。あ、私も葉っぱも食べる派です^^

ただし1つ注意すべきこと。

オオシマザクラのはを塩漬けにすると出てくるクマリンという香りの成分ですが、食品添加物として認められた成分ではありません!

肝臓に対しての毒性を持っているということなので、大量に摂取することは避けましょう。とはいえ、その毒性が心配されるのは葉っぱを1日30枚以上食べた場合のこと。普通に桜餅を食べている分には問題はないと思いますが^^;

なぜ桜餅に葉っぱを巻くの?

なぜ、桜餅に葉っぱを巻くのかというと、

  • 包装紙の代り
  • 桜の葉の香りをつけるため

という2つの理由があります。

包装紙の代り

桜の葉っぱを塩漬けするとクマリンという香り成分が発生しますが、そのクマリンには抗菌作用があります。また、お餅同士がくっつくのを防いだり、乾燥やほこりからお餅を守り日持ちするなど、桜餅を包装することで桜餅をいい状態で長持ちさせる役割があったようです。

桜餅に葉っぱを巻く理由として、葉を巻き始めた当時は包装紙としての意味が強かったようですね。

桜の葉の香りをつける

当初、桜餅にはヤマザクラの葉が使われてきましたが、次第に、他の桜の葉よりも香りが強くさらに塩漬けにすることでその独特の香りがさらに増す「オオシマザクラ」葉が使われるようになりました。

オオシマザクラの葉をピンク色の桜餅に巻くことで、独特の香りが桜餅のおいしさを引き立てます。ピンクと深緑の色合いもきれいですよね。

まとめ

桜餅に使われている葉は、オオシマザクラという桜の葉でした。

また、桜の葉は食べる派と食べない派との意見が真っ二つですが、和菓子屋さんや長命寺の桜餅は葉っぱをはがして、桜餅と桜餅に移った桜の葉の香りとを楽しんでほしいといことでした。

これは桜餅と葉っぱを一緒に食べると、葉っぱの舌触りや風味が桜餅本来の食感や味を損なうからという考えからです。

でも、その桜の葉っぱの塩気と桜餅の絶妙な味わいを好む人が多いのも確かです。

桜餅の葉を食べても残してもマナー違反にはなりませんから、結局のところ自分次第というのが答えになりますね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました