そなエリア東京で防災体験!東京直下72hツアーに参加した感想!

観光・レジャー
dav

先日、東京江東区有明の東京臨海広域防災公園にある防災体験学習施設「そなエリア東京」で防災体験をしてきました。

豊洲やお台場方面にはよく訪れるのですが、こちらの施設は初めてでした。

「そなエリア東京」は入園料無料で体験することができるので、要チェックですよ^^

この記事では、東京そなエリアの詳細、東京そなエリアで実施されている防災体験”東京直下72hツアー”に参加した感想などについてご紹介します!

スポンサーリンク

そなエリア東京とは?


「そなエリア東京」は、東京臨海広域防災公園の中にある防災体験施設です。

1階の防災体験ゾーンと、2階の防災学習ゾーンに分かれていて、災害の疑似体験や防災について学習することができます。

また、そなエリア東京がある”東京臨海広域防災公園”は、日本で唯一の国営防災公園で、万が一地震などといった大きな災害があったときには「災害現地対策本部」等が置かれる防災拠点施設になります。

平常時は、防災への関心を高められるように様々な体験や学習、訓練などを行ったり、その広い敷地を生かしたコミュニケーションの場(バーベキューエリアや広場)になっています。

東京直下72hツアーで地震の疑似体験をした感想


地震発生後、72時間が生命の境目だといわれているため、どのうように行動するかが非常に大事になってきます。

東京直下72hツアーでは、地震発生後72時間の生存力をつける体験学習をすることができます。

そなエリア東京の入り口を入ってすぐ右手にあるのが、東京直下72hツアーの受付。一面が朱色の壁なので目立ちます。

受付時間が決まっていて、この時は30分間隔での受付でした。ある程度まとまった人数で行われます。

もし、大きな荷物を持っている時には、ちょうど受付の逆側にコインロッカーがあるので、そちらに預けることができます。入れたお金は戻ってきますよ~(*^-^*)

【受付】
まず、タブレットを受け取って説明を聞きます。

タブレットは1人1台でもOK!お子さんが小さいようであれば、大人と子供で1台でも大丈夫です。

わが家は、子供たちだけタブレットをもらいましたー!

【エレベーターに乗り込む】
駅ビルへ来たシチュエーションで、エレベーターの前で待機します。ここで少しタブレットの操作方法などの説明を聞きます。

そして、いよいよエレベーターへ。

エレベータに乗り込んでしばらくすると、震度7の地震が発生しエレベーターの中が真っ暗になり緊急停止します。

床がガタガタっと揺れて停止するんですが、、、なかなかリアリティのある感じです。

しばらくするとエレベーターのドアが開きますが、そこは停電をした薄暗い従業員通路。非常放送と避難誘導灯に従って出口から外へ出ます。

【再現被災市街地へ】

駅ビルから出ると、そこは真っ暗な地震直後の街並み。

緊急地震速報が鳴り、崩れた家屋の中から「助けてー!!」の声や、お店で火災が発生していたり。。。コンビニも陳列棚が倒れて商品がぐちゃぐちゃです。

地震対策をしていなかったお宅でしょうか。。。この中で寝ていたら、家具に潰されていますよね。

わが家は大丈夫か?といったら、地震対策をしなくては!という意識はあってもしっかりやれているわけではありません。

改めて、地震対策が十分なのかどうか、考えるきっかけになります。

と、子供たちはタブレットを使って

①外出先で地震にあったら?
②自分の住むでまち地震にあったら?

自分で体験したいシチュエーションを選んで、「こういう時はどう行動すべきか」といった防災クイズに答えていきます。

中学生の娘は電車通学をしていることもあって「外出先で地震にあったら」を選択していました。

【避難場所と避難所の再現】

被災した市街地を体験したあとは、避難所や避難所を再現したエリアです。

公園のベンチがいざという時に、かまどになって炊き出しができるものがあるとか、簡易トイレの設置の仕方とか、子供たちと一緒に災害時のことを考えるいいきっかけになりました。

最後に、地震発生から72時間生き伸びることができたかどうか、結果が出ました^^

個人的には、この避難所の再現が印象に残りました。

普段、災害が起こった時にどう行動すべきか、災害に備えてどんなものを準備しておけばいいか、ということは考えるんですよね。

でも、実際に避難した後のことまではなかなか考えません。そういった意味で、避難所へ行ったときにはどんな状況なのか、どれくらいのスペースで生活するのか、見ることができてとても参考になりました。

実際にこういう状況になるかもしれないんだ、ということを体験することで子供たちも災害が身近なもので、いつ自分の身にも起こりうるかもしれない、ということを学ぶことができたのではないかと思います。

とはいえ、時間が経つとこういう感覚って忘れてしまいがちなので、度々訪れてみてもいいかなと思いました。

そなエリア東京2階防災学習ゾーン

2階の防災学習エリアでは、パソコンで防災クイズに答えたり、自分の地域の防災情報などを調べることができます。

防災グッズの展示なんかもありましたよ~。

また同じ2階にある「映像ホール」ではアニメ「東京マグニチュード8.0~東京直下72h~」が上映されていました。テレビでも放送されたものを再編集したそうですが、子供たちがジッと見入っていました。

ストーリーは、主人公の姉と弟が被災地を大人たちの助けを借りて避難し、家族と再会するまでの物語です。

映画『シン・ゴジラ』で使用されたオペレーションルーム

なんと、映画シン・ゴジラのロケで実際に使われたオペレーションルーム。
万が一の災害の時には、ここが緊急災害現地対策本部となります。

ここが使われるのは、非常事態の時だけ。普段はひっそりとしていて、それがまたゾクッとする雰囲気でした。

まとめ

とにかく災害の多い昨今ですから、私も意識して子供たちと防災関連の施設に行って身を守る勉強をするようにしています。

そなエリア東京では、首都直下型地震の体験学習ができます。

小学生、中学生、高校生と子供が大きくなるにつれて、いつも一緒にいるとは限りませんからね。こうやって子供自身にも身を守る方法を教えていかないとならないな~、と思いました。

そなエリア東京の概要

チェック!

  • 【施設】:そなエリア東京、東京臨海広域防災公園
  • 【開園時間】:9:30~17:00(入場は16:30まで)
  • 【入園料】:無料
  • 【住所】:東京都江東区有明3丁目8番35号
  • 【駐車場】:なし

アクセス

電車の場合

  • 東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場」駅より徒歩4分
  • ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「有明」駅より徒歩2分

コメント

タイトルとURLをコピーしました