東京ドームの1階スタンド席の見え方は?実際の写真付きで紹介しています!

イベント
mde

東京ドームは野球だけではなく、様々なアーティストのライブなども行われています。

1公演の観客動員数は約5万人ほどで、嵐やエグザイルなどといった超人気アーティストが利用するライブ会場です。

これだけのキャパですから、「ライブに行く前から自分の席からどのようにステージが見えるのか」「肉眼でアーティストが見えるのか?」と気になる方も多いですよね!

この記事では、実際に東京ドームライブに何度も行っている私が、東京ドーム1階席からのステージの見え方などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

東京ドームの1階席はどこ?

東京ドームの座席で、1階席は黄色の部分です。

その他は、アリーナ席、バルコニー席、2階席、エキサイト席といった種類の座席があります。

1階スタンド席からの見え方

1階席と言っても、座席の位置でかなり見え方が変わります。1階席の前方ですとトロッコが回ってきた時などはかなり見やすいですね。

またアリーナ後方にもステージがある場合には、1階席中央付近だとかなり近い感じで見ることができます。

1塁側40列360あたり

1階席でも1塁側(ステージ向かって右側)の後ろのほうからの眺め。右のほうにメインステージ、そしてアリーナの真ん中、後方にもステージがあるライブでした。

画像から見ても分かるように、アリーナにいる人がこれだけ小さいので、ステージ上のアーティストを肉眼でハッキリ見るのは難しい位置です。雰囲気で誰かがわかる感じ。

ほとんどモニターを見ていました。

3塁側32列目

ちょうど逆の位置らへんの座席からの見え方です。

1塁側12列目あたり

ドーム中央よりやや右側の席。1階の前から12列目だとまだ見やすいですね。後方のステージにかなり近い様子がわかります。トロッコが回ってきても肉眼でバッチリ見える距離です。

3塁側1列目

アリーナ後方の席よりも、1階スタンド1列目のほうがよっぽど見やすいと思います^^
アリーナでも後方だと前の人の頭で全然見えないなんてこともありますから、、、。

この位置ですと、トロッコはもちろん間違いなくメンバーと目線が合う位置でしょうし、銀テープを自力でゲットできる可能性もありますね。

東京ドーム1階席の感想

東京ドームって、ライブ会場としてはかなり広いですよね。

アリーナじゃないと近くで見ることができないのではないか?と思って、当日まで1階席だということをガッカリしていまいた。

でも、実際は1階席からだと会場全体を見渡すことができるので、アーティストと会場の演出を一体で味わうことができます。

これは、アリーナ席では体験のできないことです。

また、1階席でも前列であればアリーナ席よりも見やすかったり、アーティストに近かったりと、思っている以上にいい席だということがわかりました。

特に、スタンド席のほうが傾斜があるため、前の人の高さが気にならないのが良かったです。アリーナでも周りの人の身長次第で見えにくくなってしまうこともありますからね。

ただし、一体感としてはアリーナのほうが強い気がしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京ドームの1階席はどのような見え方ができるのか、参考になりましたでしょうか?

ライブが始まるまでは、席の良し悪しは気になってしまいますが始まってしまえば意外と関係なくなってしまうのも1階席だったりしますね。

サインボールなども、後方ステージやトロッコから投げることもあるので、1階席でもチャンスは大いにあります!

せっかくのライブですから、ぜひ楽しんでくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました